RSS
Admin
Archives
Uploader

管理人の気の向くままにッ! マイペースな更新です。

記事・項目の検索
ブログ内キーワードを検索します
メニュー
情報局!2011

asa(小岩井みつば)

Author:asa(小岩井みつば)



「何この大雑把なブログ名。」


155000アクセス有難うございます!

◆メールアドレスはこちら▼

都合により、迅速な返信が
できない恐れがあります。
ご了承ください!m(_ _)m

◆Twitter・Skypeでは「小岩井みつば」名義です。探してみてください。

コミュニティ

フレンド登録募集は終了しました。
有難うございました!

5284-1361-1447





基本的にチャットで対応致します!
▲ボタンを押すと詳細を覗けます。






▲ボタンを押すとフォロー出来ます。

jubeat



リンク
最近の記事
最新のコメント
ニコニコ動画ランキング(毎時)
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
27
Category : PlayStation関連
本日1月27日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)による
ゲーム関係者向けのイベント「PlayStation Meeting 2011」が開催されました。

このイベントが開催されるのは5年半ぶりで、前回の開催は2005年7月のことでした。
当時はPS2やPSPの新作ラインナップをはじめ、発売を控えたPS3の開発環境についての発表がありました。

このように新型ゲーム機の発表があったり、5年半ぶりの開催という事で
ネットでは「こりゃPSP2来るかもしれんな」という声が上がっていました。




はたして何が発表されたのでしょうか・・・?















ngp01.jpg
▲前面


ngp02.jpg
▲背面



GYAAAAAAAAAAAAAAAAHHHH!!


スライドじゃない!


学校から帰ってきたらこの有り様。
一体何が起きているんだ・・・










正式名称(コードネーム)はNGP(Next Generation Portable)」
日本語で「次世代携帯型エンタテインメントシステム」


そして、気になるスペックはこちら!

CPU
ARM® Cortex™-A9 core (4 core)

GPU
SGX543MP4+

スクリーン
(タッチスクリーン 5インチ(16:9)、960 x 544、約1677万色、有機ELディスプレイ
マルチタッチスクリーン(静電容量方式)
背面タッチパッド マルチタッチパッド(静電容量方式)

カメラ
前面カメラ、背面カメラ

サウンド
ステレオスピーカー内蔵
マイク内蔵

センサー
6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能
ロケーション GPS内蔵
Wi-Fiロケーションサービス対応

キー・スイッチ類
PSボタン
電源ボタン
方向キー(上下左右)
アクションボタン(△、○、×、□ボタン)
Lボタン、Rボタン
左スティック、右スティック
STARTボタン、SELECTボタン
音量+ボタン、音量-ボタン

ワイヤレス通信機能
モバイルネットワーク通信機能(3G)
IEEE 802.11b/g/n (n = 1x1)準拠(Wi-Fi)(インフラストラクチャーモード/アドホックモード)
Bluetooth® 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)






まずスクリーン
解像度は従来のPSPの縦2倍×横2倍の4倍になっています。相当綺麗ですね。
更になんとモニターはタッチパネル。
背面もタッチパネルになっているそうです。
更にタッチパッドなる物も。一体どこを持って遊べばいいのでしょう。

そしてカメラ
前面と背面に1つずつ付いています。結構良い画質の写真が撮れそうです。

また、レースゲームを遊ぶ時などはゲーム機本体を傾けるとハンドル代わりになるという
例の6軸検出システムが搭載されています。


アナログスティックは左右1つずつ、計2つになりました!

そして気になるのはモバイルネットワーク通信機能
iPadはSoftBankと契約していると、外でインターネットが出来るのですが
まさにその機能がNGPに搭載されるのです。

どこの会社でしょうかね・・・。まさかSoftBankじゃないですよね・・・。
噂によるとdocomoのようです。がんばれau





以下、発表されたスクリーンショットです。


photo1.jpg

前面。PSP-3000から一転、少しゴツゴツしたメカニックな形が特徴です。
アナログスティックは2つ。




photo2.jpg

背面。左右の楕円がタッチパッド、中央の広い部分がタッチパネルでしょうか。




photo3.jpg
photo4.jpg
photo5.jpg

厚さはPSP-2000/3000くらい? 従来よりもっと丸っこくなった輪郭が特徴です。




photo6.jpg

前面を実際に動作させるとこうなるそうです。
タッチパネルの搭載や、高解像度によって新しいゲームはどのように化けるのでしょうか。




photo7.jpg

背面の動作イメージ。NGPを握りながら指先でプレイする感じでしょうか。








言い忘れていました。

新PSP「NGP」のUMDにあたる部分は「NGP専用カード」という物が使われるようです。
これはPSP goがネットワーク販売のみの戦略でコケてしまった反省を生かしているみたいです。
フラッシュメモリーベースの小型カードになっており、この特性を活かし、ゲームのセーブデータや追加コンテンツなどを直接保存することも可能になるようです。

同じゲームを楽しんでいる他のユーザーの現在の達成状況がアクティビティとして常に更新される
「LiveArea(ライブエリア)」
GPSが取得した位置情報をもとに周辺のユーザーがプレイしているゲームの情報がわかる
「Near(ニア)」などを搭載するそうです。



詳しい発売日や価格などは公表されませんでした。
これだけのスペックだと相当お高くなるでしょうが、
3DSと同じくらいにならないと売れるか心配ですね。
発売は年内の予定です。

なんだか、ただのゲーム機ではなくなってきたPSP、もといGNP。
今後の情報に期待です!


詳しくは「PlayStation Meeting 2011」の公式ページをご覧ください!





情報引用元:INTERNET watch様(http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110127_423086.html)

Comment

非公開コメント

ぎゃああああ!


すげぇwwwwwwwww

No title

>>S.T.S-AAさん
本当NGPには驚かされましたw
価格が怖いところですが、今は3DSに期待し、
NGPは年末にしようと思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。